【動画まとめ】2月27日公開 映画紹介&予告編 「珍遊記」「黒崎くんの言いなりになんてならない」「女が眠る時」「ザ・ブリザード」「シェル・コレクター」「ディバイナー 戦禍に光を求めて」「劇場版 探偵オペラ ミルキィホームズ ~逆襲のミルキィホームズ~」 

「珍遊記」 ナンセンスギャグ飛び交うドタバタ劇 MVPは倉科カナ? 松ケンの顔芸にも注目

松山ケンイチ、倉科カナが出演!映画「珍遊記」予告編

 1990年代に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された漫☆画太郎さんのギャグマンガを実写化した映画「珍遊記」(山口雄大監督)が2月27日、公開される。主演は「デスノート」のLや「デトロイト・メタル・シティ」のヨハネ・クラウザー2世(根岸崇一)といった数々のマンガキャラになり切った俳優の松山ケンイチさんで、今作では坊主頭にパンツ一丁の主人公・山田太郎を熱演している。倉科カナさん、溝端淳平さんらも出演し、ナンセンスなギャグが飛び交うドタバタ劇を繰り広げている。

 原作は、「西遊記」をモチーフにした「珍遊記-太郎とゆかいな仲間たち-」。不条理で下品なギャグ、奇想天外な展開が荒々しいタッチで描かれ「週刊少年ジャンプ」の異色ギャグマンガとして人気を集めた。実写映画は、「地獄甲子園」「魁!!クロマティ高校」などマンガ作品の実写化を手がけてきた山口監督がメガホンをとり、お笑いトリオ「鬼ケ島」のおおかわらさんとアニメ「銀魂」「おそ松さん」などに携わる放送作家の松原秀さんが脚本を担当。アニメ「秘密結社 鷹の爪」シリーズなどの「DLE」が制作した。

 僧の玄奘(げんじょう)は、天竺(てんじく)へと向かう途中に偶然立ち寄った家の“じじい”と“ばばあ”に頼まれ、天下の不良少年・山田太郎の妖力を封印にすることに成功する。そして玄奘は、いやいやながらも太郎を引き取り、ともに旅をすることになるが、たどり着いた村には太郎の指名手配書が至るところに張られ、さらに太郎への復讐(ふくしゅう)に燃える龍翔(りゅうしょう)が2人の行く手を阻もうとする……というストーリーが展開する。

 「西遊記」がモチーフとはいえ、ストーリー性はないに等しい。さらにオープニングからナンセンスギャグ&下ネタのオンパレードである意味、期待を裏切らない仕上がりとなっている。少々悪ふざけが過ぎるきらいもあり、その点で好き嫌いがはっきりと分かれそうな作品ではあるが、松山さんらキャストの熱演に引っ張られる形で、いつしか細かいことが気にならなくなり、途中からスクリーンに引き込まれてしまった。

 中でも玄奘役の倉科さんは、特殊メークでスキンヘッド姿となり、臆することなく下ネタを口にし、時に鬼の形相さえも見せるなど、全編にわたってMVP級の活躍を見せている。放送禁止すれすれの言葉も倉科さんが口にするとどこかキュートに聞こえ、これまでも決して清純派一辺倒というわけではなかったが、今作でのハジけたコメディエンヌぶりは、観客に新たな印象を与えるはずだ。オリジナルキャラである龍翔役の溝端さんもいままでにない2.5枚目キャラを演じきり、「マジンガーZ」に登場するあしゅら男爵のような“半分女装”姿や“ブタ鼻”で、笑いにも大いに貢献。また太郎役の松山さんの演技は、せりふ(というか語彙)が少ない分、ほとんど“顔芸”の域で、マキシマムザホルモンの激しい演奏をBGMにしたバトルシーンも大きな見どころになっている。

 太郎の変身前を演じた「電気グルーヴ」のピエール瀧さんをはじめ、田山涼成さん、笹野高史さん、松尾諭さん、温水洋一さんら“曲者(くせもの)”も多数出演。映画は27日から新宿バルト9(東京都新宿区)ほか全国で公開。(山岸睦郎/MANTAN)

「黒崎くんの言いなりになんてならない」 Sexy Zone中島主演 嫌いが好きになる10代の特権

「Sexy Zone」中島健人が主演 ヒロインは小松菜奈 映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」 由宇ちゃんVer & 白王子Ver 予告編

 少女マンガ誌「別冊フレンド」で連載中の人気少女マンガを原作に実写映画化した「黒崎くんの言いなりになんてならない」(月川翔監督)が2月27日から公開される。“黒悪魔”と“白王子”との間で揺れ動く女子高生の恋愛模様を、Sexy Zoneの中島健人さん、小松菜奈さん、千葉雄大さんらのキャストで描く。

 赤羽由宇(小松さん)はさえない自分を変えるために転校デビューを果たし、初めての寮生活を送っている。副寮長の「黒悪魔」こと黒崎晴人(中島さん)に逆らったことで「絶対服従」を言い渡されたり、女子生徒の憧れの「白王子」こと白河タクミ(千葉さん)と初デートを楽しんだりする日々。2人の板ばさみになっているところへ、初めての親友の芦川芽衣子(高月彩良さん)が黒崎に恋をしていることを知り、応援に回る。しかし、超ドSな攻撃をする黒崎に優しい部分を見つけてしまい、自分の気持ちに迷いが生じて……という展開。

 少々ドジ、だけど素直。そんな少女マンガらしい古典的なヒロインが主人公。180度違ったタイプの男子の間で気持ちが揺れ動く、というこれまた王道のストーリーが安心感をもたらしてくれる。寮生活、お姫様抱っこ、遊園地での観覧車デート、ピアノ連弾など、恋に恋する年代が憧れるシーンが満載だ。

 「嫌い」が「好き」になる。これって、10代女子の特権かもしれない。学園中の王子よりも、自分だけにちょっかいを出す男子に弱い乙女の姿が可愛らしい。黒崎くんを演じる中島さんは、個性的なドSキャラでグイグイと迫ってくる。そこには、「気になる子に、つい嫌がらせのようなちょっかいを出してしまう」という、やはり10代男子の姿が見えてキュンとする。若い俳優たちが、さらりと演じているようでマンガを意識したような表情を作り、なかなかの熱演を見せてくれている。自分の本当の気持ちに気づく……その積み重ねで大人になっていくのですね。主題歌はSexy Zoneが担当している。27日からTOHOシネマズ新宿(東京都新宿区)ほかで公開。(キョーコ/フリーライター)

「女が眠る時」 西島秀俊、ビートたけしの存在感が光るミステリアスな作品

ビートたけしが主演!西島秀俊、忽那汐里も出演 イメージソングは中森明菜 映画「女が眠る時」予告編 #Beat Takeshi #movie

 「スモーク」(1995年)などで知られる香港の名匠ウェイン・ワン監督が、西島秀俊さんやビートたけしさんらを迎えて製作した「女が眠る時」が2月27日から公開される。原作は、スペインの作家ハビエル・マリアスさんの短編小説。海辺のリゾートホテルを舞台に、謎の年の差カップルに興味をそそられた小説家の男が、じわじわと狂気に陥っていくさまを描いている。

 作家の清水健二(西島さん)と妻の綾(小山田サユリさん)は、休暇でリゾートホテルに滞在していた。健二は処女作のヒット後、スランプに陥り、今後は就職することにしていた。妻との関係は倦怠(けんたい)期にさしかかっている。ホテルのプールサイドで若くて美しい女性・美樹(忽那汐里さん)を連れた初老の男・佐原(たけしさん)を見かけた健二は、2人に興味をそそられ、あとをつけていき、部屋をのぞき見る。そこには、美樹の産毛をそり、眠る様子を撮影している佐原の姿があった……という展開。

 倦怠期の夫婦と、謎めいたカップル。2組の男女が交差するのは、海沿いのおしゃれなリゾートホテル。生活感が一切しない洗練されたセンスの舞台の中で、西島さんやたけしさんの圧倒的な存在感が光る。たけしさんは、自作の映画以外での主演は12年ぶりだという。若い女性が眠る無垢(むく)な姿にとりつかれた初老の男の異様さを、視線や立ち姿で見せ、ゾクゾクさせられる。のぞかれる快感もあるような余裕も見せ、せりふの一つ一つが意味深に聞こえてくる。

 一方、西島さん演じるスランプの小説家・健二は、少しずつ虚構の世界に入っていきながら、映画を導く人物。妄想中に出くわす民宿のオヤジをリリー・フランキーさんが演じ、健二と一緒にけむに巻かれる気分になる。健二の好奇心をかき立てるファーストシーンは、明るくまぶしいプールサイドだったのに、映画が進むにつれて色彩はグレーがかって不穏さを帯びていく。無垢な姿で眠る女は、白い衣装で純粋さが際立ち、男たちの妄想を駆り立てる。健二の妻・綾はやり手の編集者。4人の中で唯一、現実的な人物。彼女がどうからんでくるのか。その行方にもやきもきさせられる。「エンディングノート」(11年)の監督でもある砂田麻美さんが脚本陣に名を連ねている。27日から丸の内TOEI(東京都中央区)ほかで公開。(キョーコ/フリーライター)

「ザ・ブリザード」 米国沿岸警備隊の決死の救助活動を実話に基づいて映画化

不可能な救出ミッション!映画「ザ・ブリザード」予告編

 真冬の大西洋で実際に起きた大型タンカーの遭難事故とその救出劇を、「スター・トレック」(2009年)などの作品で知られるクリス・パインさん主演で映画化した「ザ・ブリザード」(クレイグ・ギレスピー監督)が2月27日から公開される。真冬の嵐“ブリザード”の中、決死の覚悟で生存者の救出に向かった米国沿岸警備隊の活躍が、手に汗握る映像とともに描かれている。

 1952年、米マサチューセッツ州ケープコッド沖で、補修したばかりの大型タンカーが最大級のブリザードに巻き込まれた。船体は真っ二つに割れ、船長がいる船首は海底に沈んだ。残った船体に生存者は32人。1等機関士のレイモンド・シーバート(ケイシー・アフレックさん)は、救助が来るまでの間、なんとか船体を持ちこたえさせようとする。そのころ、米国沿岸警備隊チャタム支局では、1等水兵のバーニー・ウェバー(パインさん)ら4人が、新任のダニエル・クラフ司令官(エリック・バナさん)の命令で、タンカーの救助に向かうことに。しかしこの悪天候の中、木製の小型救助艇で海に出るのは自殺行為に等しかった……という展開。

 バーニーが乗るのは定員12人の小型救助艇。恐ろしく小さい。こんな小舟で救えるのか? そんな不安を増幅させるように、スクリーンの中では暴風雪が吹き荒れ、高波が押し寄せ、さらに水しぶきがバーニーら救助艇の男たちの顔に吹きかかり、臨場感満点で、まるでその場に居合わせているような気にさせられる。その一方で、今にも沈みそうなタンカー内では、乗組員たちの必死の生き残り作戦が繰り広げられていく。一つ壁を乗り越えると、また別の壁が立ちはだかり……と、終始緊張をしいられ、お陰で見終えたときには疲労こんぱいしていた。これが実話というからおそれ入る。

 演じる俳優に目を転じれば、パインさんが珍しく“慎重派”の若者に扮(ふん)し、かたや大型タンカーの乗組員シーバート役のアフレックさんは、これまで多かった“主役の引き立て役”とは打って変わり、今回は正真正銘のヒーローを好演している。ともにそれぞれ魅力はあるが、個人的にはアフレックさんに軍配が上がる。なお、当時、救命任務に関わった沿岸警備隊員2人が製作に協力し、また、バーニーが艇長を務めた本物の救助艇が撮影の一部で使用されたという。27日からTOHOシネマズ日本橋(東京都中央区)ほか全国で公開。(りんたいこ/フリーライター)

「シェル・コレクター」 孤独を友とする盲目の学者の運命は?

リリー・フランキーが主演 映画「シェル・コレクター」予告編

 リリー・フランキーさんが15年ぶりに単独主演した「シェル・コレクター」(坪田義史監督)が2月27日から公開される。島でひっそりと暮らす盲目の貝類学者が、謎の奇病を治したことをきっかけに運命に翻弄(ほんろう)されていく姿を、不思議な映像でつづっていく。米国の作家アンソニー・ドーアさんの短編が原作。舞台を、ケニア沖の孤島から沖縄に置き換えている。

 貝の美しさに魅了された盲目の学者(リリー・フランキーさん)は、家族と離れて沖縄の孤島で研究に没頭しながら静かに暮らしていた。ある日、一人の女性が島に流れ着く。その女性、元画家の山岡いづみ(寺島しのぶさん)は、世界で流行中の奇病を発症していたが、学者が見つけた新種のイモガイに刺されて治ってしまう。そのうわさが広がって、人々が島へ押し寄せる。その中には、疎遠だった息子の光(池松壮亮さん)や、同じ奇病にかかった娘(橋本愛さん)を治したい有力者の姿もあって……という展開。

 説明を省いて、映像で語ってくるこんな映画は久しぶりだ。イラストレーターであるリリー・フランキーさんが貝の輪郭をなでるだけで、らせん状の神秘が印象付けられる。フランキーさん演じる学者は盲目だ。目の見える人とは違った感覚で、世界を見つめているに違いない。シェルターのような家に住み、家族と疎遠で、孤独を友としている男の静かな生活が、女性の奇病をたまたま治したことによって壊されていく。奇病の蔓延(まんえん)を伝えるラジオの声が、じわじわと見ているこちら側の不安をあおっていく。

 映像作家の牧野貴さんによる映像が、言葉にならないさまざまな感覚を呼び起こさせる。圧倒的な大自然を前に人は言葉を失うものだが、そんな感覚だ。リリー・フランキーさんは、実際に海の中に潜って撮影したという。アースカラーの服に身を包んだ学者姿。海の底に潜り、亀が見つめる幻想的な映像は、美しい青色だ。エネルギーを感じる真っ赤な服の女性と、白い砂浜を歩く少女の白い服など色彩に目を奪われる。日米合作。音楽をジャズドラマーのビリー・マーティンさんが担当している。27日からテアトル新宿(東京都新宿区)ほかで公開。(文・キョーコ/フリーライター)

「ディバイナー 戦禍に光を求めて」 ラッセル・クロウ初監督作 戦争にまつわる親心描く

ラッセル・クロウが監督・主演 映画「ディバイナー 戦禍に光を求めて」予告編

 俳優のラッセル・クロウさんが初監督と主演を務める映画「ディバイナー 戦禍に光を求めて」が2月27日に公開される。1919年のトルコを舞台にした実話ベースに、多くのオーストラリア人がトルコの地で戦った第1次世界大戦のガリポリの戦いから4年後、消息不明となった3人の息子を捜すためトルコへとやって来たオーストラリア人の父親の愛情や喪失感を描く。2014年度オーストラリア・アカデミー賞最優秀作品賞のほか、主要2部門(助演男優賞・衣装賞)を獲得した。

 ガリポリの戦いから4年後、水脈を探し当てる職人(ディバイナー)であるオーストラリア人のジョシュア・コナー(クロウさん)は、戦争で行方不明になった3人の息子たちの最期を知るためトルコを訪れる。はるか遠い異国の地での捜索は困難を極めるが、コナーはイスタンブールで宿を営む女性アイシェ(オルガ・キュリレンコさん)や、息子たちと戦ったトルコの英雄ハーサン少佐(イルマズ・アルドアンさん)らと出会い、助けを借りながらかすかな希望をつかむが……というストーリー。

 実話にインスパイアされた戦争映画のように表面上は見えてしまうかもしれないが、その実、描かれているのは戦争を生き延びた人々がいかにしてその後、生きていくかということにスポットが当てられている。ガリポリの戦いは日本人にはあまり知られていないが、知らなくても、親が子を思う圧倒的な愛や登場人物たちの敵味方を超えた関係性などには涙腺を刺激され、感銘を受ける。戦争を扱った作品のため、激しい戦闘シーンはもちろんあるが、迫力だけでなく情感も込められており、一般的な戦争映画とは一線を画す描写や、他民族との友情や反戦、和解のメッセージなども盛り込まれ、クロウさんの初監督とは思えない力作に仕上がっている。27日から有楽町スバル座(東京都千代田区)ほか全国で順次公開。(遠藤政樹/フリーライター)

「劇場版 探偵オペラ ミルキィホームズ ~逆襲のミルキィホームズ~」 初の劇場版は笑いあり涙あり

「劇場版 探偵オペラ ミルキィホームズ 逆襲のミルキィホームズ」予告編

 テレビアニメ「ミルキィホームズ」シリーズの劇場版アニメ「劇場版 探偵オペラ ミルキィホームズ~逆襲のミルキィホームズ~」(森脇真琴総監督、桜井弘明監督)が2月27日に公開される。「ミルキィホームズ」は、特殊能力を悪用する「怪盗」と、「ホームズ探偵学院」に通う探偵チーム「ミルキィホームズ」の攻防を描くアニメで、これまで4度、テレビアニメが放送された。劇場版では10年放送の第1期と12年放送の「探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕」のメインスタッフが再集結し、ミルキィホームズのほか「怪盗帝国」や「Genius4」など歴代の人気キャラクターたち総出演で三つ巴(どもえ)の争いを展開する。

 シャーロック・シェリンフォード(声・三森すずこさん)、譲崎ネロ(声・徳井青空さん)、エルキュール・バートン(声・佐々木未来さん)、コーデリア・グラウカ(声・橘田いずみさん)らミルキィホームズの4人は、研修旅行先でのんびりしていると、怪盗帝国の4人が宝を狙って姿を現す。特殊能力「トイズ」を使って激しいバトルを繰り広げる両者だったが、さらにGenius4の駆けつけ三つ巴の激闘に発展。そこに突然、上空から激しい雷が落ち、被雷したミルキィホームズの4人はトイズを失ってしまい……というストーリー。

 これまで4度のアニメ放送にゲーム、主人公らの声を担当する声優陣によるユニットなど、根強い人気に支えられ今年で7年目を迎える「ミルキィホームズ」シリーズだが、意外にも映画化は今回が初めてということに驚いた。今作は第1期と第2幕のキャスト&スタッフが中心となっていることもあり、当時を思い起こさせるようなカオスなギャグも満載で、“ミルキアン”(同作のファンの総称)には懐かしさも感じさせてくれる。シリーズものとはいって、小難しい設定や壮大なバッグボーンなどはあってないようなライトな作風のため、劇場版がシリーズ初見という人でも気軽に観賞できるよさもある。ダメダメだけど可愛いドタバタなミルキィたち。こまかくちりばめられたネタの数々に笑わせられるも、意外と泣けてしまう要素もあり多角的に楽しめた。27日から新宿バルト9(東京都新宿区)ほか全国で公開。(遠藤政樹/フリーライター)

動画トピックス

一覧

動画ランキング

  1. 吉田羊、イベントで涙 会場からの声援に「やばい」 「WOMAN EXPO TOKYO 2016」

    再生回数 95115

  2. 山崎賢人&二階堂ふみが仲良すぎ!メーキング&インタビュー公開 映画「オオカミ少女と黒王子」特別映像

    再生回数 66656

  3. あっちゃん弟・FISHBOYのダンスがキレッキレッ! WEBムービー「FISHBOY Wireless Dance」

    再生回数 52928

  4. 真木よう子、舞台あいさつにシースルーワンピで登場 映画「海よりもまだ深く」初日舞台あいさつ2

    再生回数 38804

  5. 桂歌丸、最後の「笑点」放送終了後に涙 「堰切れた」 「笑点 歌丸ラスト大喜利スペシャル」生放送後記者会見1

    再生回数 34727

動画トピックスランキング

  1. 【動画まとめ】ドラクエ無双? ドラクエがアクションRPG「ドラゴンクエストヒーローズ」に 「SCEJA Press Conference 2014」発表会まとめ

  2. 【動画まとめ】小嶋陽菜、まるで「アナ雪」?下着CMでクールな氷の女王に “勝負服”脱ぎ捨てるジョッキーCMも

  3. 【動画まとめ】SKE48、初の水着CM公開 松井玲奈、松井珠理奈らがプールで“絶叫” メンバー登場の会見も

  4. 【動画まとめ】コミケ87コスプレまとめ ラブライブ!の「南ことり」が好きすぎる! コマさん擬人化に「艦これ」が人気

  5. 【動画まとめ】HKT48 指原莉乃から「スキャンダルのお知らせ」 森保まどからHKT48メンバー登場会見・イベントまとめ