【動画まとめ】3月25、26日公開 映画紹介&予告編 「バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生」「リップヴァンウィンクルの花嫁」「仮面ライダー1号」「スイートハート・チョコレート」「ドロメ 女子篇」

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」シリーズ化への布石? 新キャラも

映画「バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生」予告編

 米国DCコミックスの2大人気ヒーローが激突する「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」(ザック・スナイダー監督)が3月25日に公開される。前作「マン・オブ・スティール」(2013年)に続き、ヘンリー・カビルさんがスーパーマン&クラーク・ケントにふんする一方、「アルゴ」(12年)や「ゴーン・ガール」(14年)のベン・アフレックさんがバットマン&ブルース・ウェインを演じ、そのほか、“続投組”としてエイミー・アダムスさん、ダイアン・レインさん、“ニュー・キャラ組”として「ソーシャル・ネットワーク」(10年)のジェシー・アンゼンバーグさんらが出演。前作に引き続きスナイダー監督が手がけた。

 クリプトン星人の正体を隠し、昼は新聞記者として生きるクラーク・ケント(カビルさん)。しかし、その超人的なパワーは、多くの人命を救う一方で街を破壊し、甚大な被害を出していた。そんな彼の活躍を、苦々しい思いで見つめるバットマンことブルース・ウェイン(アフレックさん)。やがて、2人の対決が避けられなくなる中、新たな脅威が人類に忍び寄る……というストーリー。

 目玉はやはり、スーパーマンとバットマンの激突だろう。共に正義の味方であるはずの2人が、なぜ戦うことになるのか。その一因となる、前作の、スーパーマンとゾット将軍の死闘を、バットマンの視点でとらえたシークエンスを導入に持ってくるあたりが、まず心憎い。加えて、バットマンとスーパーマンの緊張関係に、スーパーマンに執着する大富豪の実業家レックス・ルーサー(アイゼンバーグさん)の思惑が絡み、人類を震撼させるほどの脅威になっていく過程が、スナイダー監督ならではの壮絶かつ驚異のビジュアルで展開していく。

 キャスティングについては、スナイダー監督が「僕らが求めた、人生に疲れているバットマンとしてぴったりだった」と評するアフレックさんは、確かに、戦いに疲れた“うんざり感”を全身に漂わせ、新たなバットマン像を作り上げることに成功している。また、アイゼンバーグさんが、従来のレックスよりも若く、また、抜群に頭が切れ、饒舌(じょうぜつ)で……イラッとさせられるほどのニュー・ルーサーになり切り、こちらもお見事だ。

 さらに特筆すべきは、DCコミックスのもう一人の“ヒーロー”、ワンダーウーマン&ダイアナ・プリンスが登場することだ。演じるのは、「ワイルド・スピード」シリーズ(09、11、13年)のガル・ガドットさん。副題の「ジャスティスの誕生」をほのめかす、次回作以降に関わってきそうなキャラクターもチラりと姿を見せ、ライバルのマーベルが着々と“シネマティック・ユニバース”を構築している中、DCコミックスも、いよいよ“DCフィルムズ”の世界を形成し始めたことをうかがわせた。その点で今作は、シリーズ化への布石固め的作品になっている。25日から丸の内ピカデリー(東京都千代田区)ほか全国で公開。3D、IMAXも同時公開。(りんたいこ/フリーライター)

「リップヴァンウィンクルの花嫁」 黒木華主演作 人と世界の優しさに気づかされる

森川葵、小関裕太が出演! 映画「ドロメ」予告編

 女優の森川葵さんの主演映画「ドロメ 女子篇」(内藤瑛亮監督)が3月26日に公開される。今作は、女子高と男子高の演劇部が行う合同合宿を舞台に、次々と奇妙な出来事に遭遇する姿を描く。同じ時間軸で進行し、女子視点の物語が展開する「女子篇」と、男子側による「男子篇」の2本が公開される。「女子篇」は森川さん、「男子篇」は小関裕太さんがそれぞれ主演を務め、「ライチ☆光クラブ」などの内藤監督がメガホンをとっている。

 紫蘭高校演劇部の部長・熊谷絢(比嘉梨乃さん)や3年生の坂下栞菜(遊馬萌弥さん)、2年生の川那小春(森川さん)と杉原実夏(三浦透子さん)らは、来年からの共学統合が決まっている泥打高校の演劇部員の星野颯汰(小関さん)、峰崎陸(大和田健介さん)、本橋龍成(中山龍也さん)らと合同合宿を行うことになった。女子部員たちは、泥打高校へ向かう途中で泥まみれの観音像と行方不明者を捜す張り紙を見つけるも気にもとめなかった。合同合宿がスタートするが、やがて不可解な現象が起き始め……というストーリー。

 今作は謎の化け物“ドロメ”の出現シーンなど、本格的なホラーものの怖さで驚かせてくれる半面、学園ラブコメディー要素も盛り込まれ、ホラー映画なのに軽やかな演出でも楽しませてくれる。なおかつ「女子篇」と「男子篇」という2作が補完し合うストーリー構成で、同じ時間軸でありながら両作では視点の違いを異なるカットで表現するなど、合わせて見ることで“答え合わせ”ができる仕掛けも面白い。それぞれ作品の完成度も高く、ホラーなのに笑顔があふれてしまうという型にはまらない魅力を持つ。ただし、油断していると恐怖シーンにハッとさせられるので、ご注意を……。26日からシネマート新宿(東京都新宿区)ほか全国で「男子篇」と同時公開。(遠藤政樹/フリーライター)

動画トピックス

一覧

注目タグ

動画ランキング

  1. 高杉真宙、元乃木坂46・伊藤万理華の性別分からず?「本当に男みたい」 「映画 賭ケグルイ」完成披露舞台あいさつ

    再生回数 127954

  2. 矢本悠馬、40歳で高校生役?浜辺美波&森川葵も“爆笑” 「映画 賭ケグルイ」完成披露舞台あいさつ

    再生回数 81180

  3. 横浜流星、ファンの大歓声に「熱気がすごい」 “お蔵入り”級の大怪我も「乗り切りました」

    再生回数 54220

  4. 横浜流星、「ご飯食べてるよ!」ファンの心配に返答 令和に始めたいのは…

    再生回数 52108

  5. 横浜流星、“チア男子”経験で「応援の力のすごさに気づいた」 ファンに感謝も

    再生回数 32442

動画トピックスランキング

  1. 【動画まとめ】元乃木坂46・宮沢セイラ、初の水着ショー メンバーから祝福も…“仲良し”生駒からメール来ず 水着ショー&「2015年東レキャンペーンガール」会見まとめ

  2. 映画まとめ4月12日公開 映画紹介&予告編 「名探偵コナン 紺青の拳」「多十郎殉愛記」

  3. 【動画まとめ】SKE48、初の水着CM公開 松井玲奈、松井珠理奈らがプールで“絶叫” メンバー登場の会見も

  4. 【動画まとめ】“まいんちゃん”福原遥 初写真集見どころ語る!初水着も披露 独占インタビューも

  5. 【動画まとめ】大島優子、小悪魔風シースルードレスで登場! 映画「紙の月」レッドカーペット&舞台あいさつ、予告編も掲載!