映画まとめ12月1、2日公開 映画紹介&予告編 「鋼の錬金術師」「探偵はBARにいる3」「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」

「鋼の錬金術師」Hey!Say!JUMP山田涼介がエドを熱演 錬成シーン&真理の扉は必見

“マスタング”ディーン・フジオカの名せりふも! 映画「鋼の錬金術師」キャラクター予告映像

 荒川弘さんのマンガを基に、人気グループ「Hey! Say! JUMP」の山田涼介さん主演で実写化した映画「鋼の錬金術師(ハガレン)」(曽利文彦監督)が12月1日から丸の内ピカデリー(東京都千代田区)ほかで公開。「鋼の錬金術師」は2001~10年にマンガ誌「月刊少年ガンガン」(スクウェア・エニックス)で連載されたマンガ。錬金術が科学のように発達した世界を舞台に、エドワード・エルリック(エド)と弟のアルフォンス(アル)の兄弟が、失った体を取り戻す旅を繰り広げる。

 エド(山田さん)とアルの兄弟は、亡くなった母を生き返らせようと、錬金術では禁忌の「人体錬成」を試みるも失敗。代償としてエドは左脚、アルは体全てを失う。数年後、鋼の義肢「機械鎧(オートメイル)」を装着し、史上最年少で国家錬金術師となったエドは、魂を定着させた鎧姿のアルと共に、失った体を取り戻すため「賢者の石」を探す旅に出る……というストーリー。本田翼さん、ディーン・フジオカさん、佐藤隆太さん、松雪泰子さん、本郷奏多さん、大泉洋さんらが人気キャラを熱演している。

 ハガレンの実写化といえば、原作コミック15巻に「実写化したら?」という巻末マンガが掲載されていたのを懐かしく思い出した。山田さん扮(ふん)するエドがオープニングにドタバタと走るシーンを見ただけでも、原作のエッセンスを大事にしていることが伝わってくる。

 全編通してCGのクオリティーが高く、なにより錬成シーンのカッコ良さと質感にはただただ驚かされた。「真理の扉」の描写も生々しさと神秘さにあふれ、見応えがある。原作のエピソードを凝縮させた脚本はバランスが良く、実写映画としてのスパイスを利かせた登場人物たちが、「そう来たか!」という予想を裏切る展開で魅せてくれる。観賞後はとにかく誰かとハガレンを語りたくなった。(遠藤政樹/フリーライター)

「探偵はBARにいる3」大泉洋、松田龍平コンビの活躍描く第3弾 シリーズ一番の切なさ

大泉洋、北川景子に強烈ビンタ! “パンイチ”姿で絶叫も? 映画「探偵はBARにいる3」予告編公開

 札幌の歓楽街ススキノを舞台に、大泉洋さん扮する探偵と、松田龍平さん演じる相棒・高田の活躍を描く人気シリーズ「探偵はBARにいる3」(吉田照幸監督)が12月1日から丸の内TOEI(東京都中央区)ほか全国で公開。前作までのハードボイルドタッチを踏襲しつつ、「当てていく」アクションを取り入れるなど新たな趣向をこらしている。探偵と高田の、従来以上に珍妙でありながらクールなやりとりが、切ないストーリーと共に展開していく。

 探偵と相棒は、失踪した女子大生、諏訪麗子(前田敦子さん)の行方を捜すことに。探偵が麗子のアルバイト先のモデル事務所を訪ねると、店のオーナーを名乗る岬マリ(北川景子さん)が現れる。初対面のはずのマリに、探偵はかすかな既視感を覚え……というストーリー。ほかにリリー・フランキーさん、田口トモロヲさん、志尊淳さん、松重豊さんらが出演する。

 原作は、札幌在住のミステリー作家、東直己さんの「ススキノ探偵」シリーズ(ハヤカワ文庫)。2011年の1作目、13年の2作目の橋本一監督に代わって、「サラリーマンNEO劇場版(笑)」(11年)やNHK連続テレビ小説「あまちゃん」(13年)などで知られる吉田監督がメガホンをとった。

 切ない余韻に浸れるのがこのシリーズの特徴だが、事件の真相にまつわる切なさはシリーズ一と言ってもいい。それに伴い、探偵もシリアスな表情が多く、探偵が鈴木砂羽さん演じる伝説の娼婦、モンローを訪ねた帰路で見せる物憂げな表情は、強烈にまぶたに焼き付いた。報酬の安さをぼやきながら仕事をやり遂げようとする探偵の心情にも大いに共感できた。一方で、相変わらず飄々(ひょうひょう)としながら、いつになく存在感を発揮する高田とのやりとりは、大いに楽しめた。

 パンチやキックを実際に相手に当てたというアクションシーンは新鮮で、パンチが頬に当たった時の、ぶるっと震える皮膚感には思わず目を見張った。今回の悪役リリー・フランキーさんの怪演もさることながら、ハイヒールで冬のススキノを駆け抜けるヒロイン、北川さんの度胸とカッコ良さにしびれた。(りんたいこ/フリーライター)

「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」宮沢りえ、神田沙也加が出演 ムーミン一家のピュアさにほっこり

映画「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」予告編

 世界中で愛されるムーミン一家のパペットアニメーションシリーズの最新作「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」(ヤコブ・ブロンスキ、イーラ・カーペラン監督)が、12月2日から丸の内TOEI(東京都中央区)ほかで公開。映画シリーズで初めて冬が舞台。到来するクリスマスは「誰なのだろう」と心を躍らせながら準備し、待ち構えるピュアなムーミン一家に心が温まる。

 ムーミン谷に冬が近づいてきた。ムーミン一家が長い冬眠につこうとすると、ヘムレンさんが「ムーミンさん、起きろ。クリスマスがやって来るぞ!」と知らせに来る。一家は「クリスマスさん」というお客さんが来ると思ってしまい、おもてなしの準備に取りかかるが……。

 小説「ムーミン谷の冬」をはじめ、原作者のトーベ・ヤンソンさんの書いた複数の物語が基になっている。ヤンソンさんが監修し、1978~82年にポーランドのSE-MA-FOR(セマフォー)スタジオで制作されたオリジナルシリーズを、フィンランドで再編集してデジタルリマスター化した。より明るくなった映像で、人形や衣装、小物のきめこまやかな質感まで楽しめる。

 ムーミン一家の初めての冬は、雪景色で覆われた森や、初めて聞いた「クリスマス」への好奇心など、ワクワクすることばかり。ムーミンパパが用意したトウヒのツリーに、ムーミンママの真珠のネックレスやお手製のアクセサリーを飾り付けて“クリスマスさん”を待つムーミン一家。その姿が愉快で、なんとも可愛らしい。部屋を片付けてごちそうもつくり、バタバタした後、小さな明かりと共に静かに過ごす一家に、ささやかな幸せが満ちあふれている。

 ムーミントロールの声は女優の宮沢りえさん。「死者の書」(2005年)以来12年ぶりにアニメーションの吹き替えを担当した。声優の森川智之さんがスナフキンなど5役、朴★(王へんに路)美さんが13役を担当。ナレーションは女優の神田沙也加さん。主題歌は英語版、日本語版共に、3オクターブを超える歌声が魅力のサラ・オレインさんが歌っている。フィンランド独立100周年記念作。(キョーコ/フリーライター)

動画トピックス

一覧

注目タグ

動画ランキング

  1. マヂカルラブリー「とんでもない1日」 「M-1決勝」振り返る

    再生回数 67525

  2. 和牛、2年連続「M-1」準優勝に「2回取ったら優勝のうわさが…」 2017年「歳の印」捺印式イベント1

    再生回数 47440

  3. マヂカルラブリー、M-1最下位も奮起 「来年は上沼さん笑わす1年に」 2017年「歳の印」捺印式イベント2

    再生回数 45350

  4. 仮面ライダービルド・犬飼貴丈、映画初日で「焼肉っしょー!」と絶叫 檀黎斗神・岩永の“神”せりふに会場熱狂 「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL」初日舞台あいさつ1

    再生回数 44415

  5. EXO・カイ、主演ドラマ「連続ドラマW 春が来た」のメーキング動画公開 撮影の合間にはしゃぐ姿も

    再生回数 27305

動画トピックスランキング

  1. 【動画まとめ】ももクロ・百田は悟空、玉井はベジータ…ドラゴンボール“弟子”コスプレで登場!悟空、べジータらが決めせりふ連発! ドラゴンボールZ 復活の『F』」初日舞台あいさつ

  2. 【動画まとめ】大島優子、小悪魔風シースルードレスで登場! 映画「紙の月」レッドカーペット&舞台あいさつ、予告編も掲載!

  3. 【動画まとめ】神田沙也加、CMで美声披露 アニソン「乙女のポリシー」を口ずさむ 「キレイな間食」新CM、コメント、メーキング映像掲載

  4. 映画まとめ12月8、9日公開 映画紹介&予告編 「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL」「DESTINY 鎌倉ものがたり」「オリエント急行殺人事件」「ガールズ&パンツァー 最終章」

  5. 【動画まとめ】SKE48、初の水着CM公開 松井玲奈、松井珠理奈らがプールで“絶叫” メンバー登場の会見も