映画まとめ6月1日公開 映画紹介&予告編 「50回目のファーストキス」「デッドプール2」「OVER DRIVE」

「50回目のファーストキス」山田孝之&長澤まさみW主演 福田雄一監督初のラブストーリー

山田孝之×長澤まさみのキスシーンも 映画「50回目のファーストキス」予告編が公開 主題歌は平井堅

 俳優の山田孝之さんと女優の長澤まさみさんがダブル主演した映画「50回目のファーストキス」(福田雄一監督)が、6月1日にTOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)ほかで公開さ。実写版の映画「銀魂」(2017年)など、コメディー作品で独自の世界を築き上げてきた福田監督がメガホンをとり、脚本も手がけた初のラブストーリー。2004年のハリウッド映画のオリジナル版と同じく米ハワイが舞台で、現地でオールロケを行った。山田さん演じる大輔の純粋でいちずな思い、長澤さん演じる瑠衣の困惑や温かく見守る瑠衣の家族の姿など「福田監督なのに泣かされる」感動シーンが満載だ。

 アダム・サンドラーさんとドリュー・バリモアさんが主演した2004年の米ハリウッド映画「50回目のファースト・キス」(ピーター・シーガル監督)が原案。ハワイのオアフ島でツアーガイドのアルバイトをしながら天文学の研究をしているプレーボーイの弓削大輔(山田さん)は、ハワイ・オアフ島のカフェで地元の女性・藤島瑠衣(長澤さん)と意気投合するが、瑠衣は交通事故の後遺症で、一晩で記憶がリセットされてしまう短期記憶障害を抱えていた。大輔は、毎日“初対面”の彼女にいちずに愛を告白し続け、2人は毎日恋に落ちて毎日ファーストキスを繰り返す。やがて瑠衣は、自身の障害と大輔の将来の夢のためにある行動に出る……というストーリー。

 美しい海辺、人の手が入っていない自然のままの緑の山並みやパイナップル畑、星が降ってきそうな夜空……。ハワイの素晴らしい景色の中で、何度も繰り返される「ファーストキス」にはうっとりさせられた。熱帯ハワイの気候の中で長澤さんがショートパンツなど涼しげなファッションで美脚を惜しげもなく披露しているのも見どころだ。

 登場人物には、瑠衣の父役の佐藤二朗さん、大輔の親友役のムロツヨシさん、大輔のアルバイト先の上司役の勝矢さんら「福田組」の常連や瑠衣の弟役の太賀さんらコメディーリリーフには事欠かず、福田監督が次々と繰り出す小ネタに笑いが止まらない。笑っている間に大輔と瑠衣の相手を思いやる愛情や瑠衣の家族の絆、大輔の友情などに感動し、最後は笑い泣きなのか感動なのか分からないが涙がこぼれた。デートムービーとしてこの夏一推しの作品だ。主題歌は平井堅さんが書き下ろした「トドカナイカラ」。(細田尚子/MANTAN)

「デッドプール2」 マーベル異色の毒舌ヒーローが新たなチームを結成!

マーベル・コミックの異色のヒーローが大暴れ 映画「デッドプール2」予告編

 マーベル・コミックの異色のヒーローが活躍する映画「デッドプール2」(デビッド・リーチ監)が、6月1日からTOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)ほかで公開。マーベルヒーローものでは異例のR15+指定で、過激なバイオレンス描写や下ネタジョークで観客の度胆を抜き、日本でも20億円を超える興行収入を記録した前作「デッドプール」(2016年)。続編となる今作でも、デッドプールの毒舌と行儀の悪さは健在で、しかも「Xフォース」なる新たなチームが登場。前作に勝るとも劣らない“やばい”シーンが満載だ!

 最愛のバネッサ(モリーナ・バッカリンさん)との幸せな生活を取り戻した“デッドプール”ことウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズさん)の前に、人間と機械が合体した“ケーブル”(ジョシュ・ブローリンさん)が現れる。未来から来たというケーブルの狙いは、ミュータントの孤児院で暮らす少年ラッセル(ジュリアン・デニソンさん)だった。バネッサの励ましを受け、ラッセルをケーブルの魔の手から守ろうと決意したウェイドは、特殊能力を持つメンバーを集め、「Xフォース」なる新チームを結成するが……というストーリー。

 相変わらず、他の映画をこき下ろしたりパロディーにしたりとやりたい放題。レイノルズさん自身の過去の出演作もやり玉にあげられる。「9時から5時まで」や「トゥモロー」といった名曲の数々が、このシチュエーションでこれ?と首をかしげたくなるタイミングで流れ、そのミスマッチ感が逆に小気味いい。前作で免疫はできていたとはいえ、「おおっ」と腰が引けるバイオレンスシーンの衝撃を薄めてくれた。

 さらに、Xフォースの“面接”にやって来るのは、あなた本当に超人なの?というインチキっぽい輩(やから)ばかりで、彼らのユニークさがまた、笑いを提供する。人相の悪いケーブルも悪役なりに味わいがあり、演じているのが「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(18年)で最凶最悪のヴィラン(悪役)“サノス”を演じたブローリンさんというのも意味深い。また、日本からは忽那汐里さんが参戦。ウェイドに会うたびに可愛らしくあいさつするミュータントのYukio(ユキオ)を、ポップかつキュートに演じているのも見逃せない。(りんたいこ/フリーライター)

「OVER DRIVE」東出昌大と新田真剣佑が兄弟役 ラリーの世界で熱い火花を散らす!

真剣佑の肉体美も!森川葵が東出昌大に熱い視線 映画「OVER DRIVE」長尺予告映像が解禁

 俳優の東出昌大さんと新田真剣佑さんが兄弟役で出演する映画「OVER DRIVE」(羽住英一郎監督)が、6月1日からTOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)ほかで公開。自動車競技「ラリー」の世界を舞台に、メカニック担当の兄とドライバーの弟が、衝突しながらチームの仲間と勝利を目指す姿を描く。物語の面白さもさることながら、レースシーンは臨場感たっぷりで、手に汗握ること間違いなしだ。

 スピカレーシングファクトリー所属の天才ドライバー、檜山直純(新田さん)は、「世界ラリー選手権」の登竜門「SEIKOカップラリーシリーズ(SCRS)」で、ライバルチームと熾烈(しれつ)な優勝争いを繰り広げていた。攻めの勝負をしたがる直純と、チーフメカニックで慎重派の兄・篤洋(東出さん)の衝突は絶えず、やがてチームの雰囲気も険悪になっていく。果たして競技の結果は……というストーリー。森川葵さんが、ラリーに関しては素人ながら、直純のマネジメントを任される遠藤ひかる役で出演。ほかに、北村匠海さん、町田啓太さん、要潤さん、吉田鋼太郎さんらが共演する。

 小説やマンガの映画化が多い中のオリジナルストーリー。「海猿」シリーズで知られる羽住監督が、桑村さや香さんの脚本で、「海猿」を超える作品にしたいと腕をふるった。

 ラリーファンや車好きなら、心をわしづかみにされるのではないか。今作のSCRSは架空のものだが、リアリティーを追求して作り込んだラリーシーンは本物さながら。一般公道を、競技車両がものすごいスピードで滑走する疾走感は半端なく、本物のラリーを観戦しているような臨場感が味わえた。

 それだけではない。ラリーに関してはずぶの素人のひかるを登場させ、その成長も描くことで、ラリーという題材を敬遠しがちな人たちの共感も得られるように考えられている。ラリーに懸ける男たちの情熱や兄弟愛はもとより、性別、年齢、職種の違いを問わず仕事への向き合い方、そして、大げさ過ぎない恋愛劇が、エンターテインメントの枠の中で見事に融合した。見終えたときは、「面白い! そして、カッコいい!」と心の中で叫んでいた。(りんたいこ/フリーライター)

動画トピックス

一覧

注目タグ

動画ランキング

  1. 今田耕司、M-1暴言騒動で上沼恵美子に謝罪 「後輩が申し訳ございません」

    再生回数 830674

  2. 和牛・水田、M-1暴言騒動にコメント「上沼恵美子さんの審査に何の文句もない」

    再生回数 344266

  3. 永野芽郁「私、余命ゼロなんだ」と告白 北村匠海は一粒の涙… W主演映画「君は月夜に光り輝く」の特報公開

    再生回数 330836

  4. 上白石萌歌、HYの「366日」を見事に歌い上げる “ぎぼむす”カップル井之脇海との恋物語が完結

    再生回数 226160

  5. クウガからジオウまで!平成仮面ライダーが全員集結!!映画「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」プレミアイベント

    再生回数 200876

動画トピックスランキング

  1. 【動画まとめ】小嶋陽菜、まるで「アナ雪」?下着CMでクールな氷の女王に “勝負服”脱ぎ捨てるジョッキーCMも

  2. 【動画まとめ】大島優子、小悪魔風シースルードレスで登場! 映画「紙の月」レッドカーペット&舞台あいさつ、予告編も掲載!

  3. 映画まとめ11月30日、12月1日公開 映画紹介&予告編 「かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-」「くるみ割り人形と秘密の王国」「jam」

  4. 【動画まとめ】“まいんちゃん”福原遥 初写真集見どころ語る!初水着も披露 独占インタビューも

  5. 映画まとめ9月21、22日公開 映画紹介&予告編 「コーヒーが冷めないうちに」「食べる女」「純平、考え直せ」「若おかみは小学生!」