映画まとめ10月4日公開 映画紹介&予告編 「蜜蜂と遠雷」「ジョーカー」「下忍 赤い影」

「蜜蜂と遠雷」ピアニスト松岡茉優の息詰まる演奏シーン ライバルに松坂桃李、森崎ウィン、鈴鹿央士

松岡茉優が涙… 松坂桃李らがピアニスト熱演 映画「蜜蜂と遠雷」予告編
 女優の松岡茉優さん主演の映画「蜜蜂と遠雷」(石川慶監督)が、10月4日からTOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)ほかで公開される。それぞれの思いを胸に、国際コンクールに出場したピアニスト4人が、互いの演奏に影響を受けながら成長していく姿を描く。松岡さんはじめ、松坂桃李さん、森崎ウィンさん、鈴鹿央士さんの迫真の演奏シーンは必見だ。 原作は、2017年に直木賞と本屋大賞をダブル受賞した恩田陸さんの同名小説。若手の登竜門と言われる国際ピアノコンクールに、世界各国から名うてのピアニストたちが集まった。母の死をきっかけにピアノから遠ざかっていた元天才少女の栄伝亜夜(えいでん・あや、松岡さん)。今回が最後のチャンスと年齢制限ギリギリで挑戦する妻子持ちのサラリーマンの高島明石(松坂さん)。亜夜とは幼ななじみで優勝の最有力候補・マサル・カルロス・レヴィ・アナトール(森崎さん)。今は亡き著名なピアニストに才能を見いだされた謎の少年、風間塵(鈴鹿さん)。それぞれの思いを懸けた戦いが始まる……。 見ながら息が詰まった。4人はライバルであっても、いがみ合っているわけではない。むしろ、互いの演奏に触発され、高め合っている。ドロドロした感情もギスギスした感覚もない。それでいて、演奏が始まると見ているこちらの心がざわめき立ち、演奏が終わると同時に大きなため息が出て、その時初めて自分が緊張していたことに気付く。4人の演奏はそれぞれに独創的。歩んできた人生の差を物語る。 ボブヘアを揺らしながら躍動感たっぷりに演奏する松岡さん、ほっそりとした指を鍵盤に走らせる松坂さん、優勝候補らしい堂々とした演奏で魅了する森崎さん、そして、心底楽しそうに鍵盤をたたく鈴鹿さん。実際に奏でるのはプロのピアニストだが、松岡さんたち4人は、ピアノの先生から運指はもとより筋肉や骨の構造といったピアニストの動きを学んで撮影に臨んだという。その迫真の演奏を、ぜひ大きなスクリーンで楽しんでほしい。(りんたいこ/フリーライター)

「ジョーカー」ジョーカー誕生の瞬間に鳥肌 顛末は奇抜だがテーマは普遍

ホアキン・フェニックスが狂気のジョーカーへ… “悪のカリスマ”誕生に迫る衝撃作「ジョーカー」本予告公開
 米DCコミックの人気キャラクター、バットマンの宿敵ジョーカーに米俳優ホアキン・フェニックスさんが扮(ふん)した映画「ジョーカー」(トッド・フィリップス監督)が、10月4日からTOHOシネマズ日本橋(東京都中央区)ほかで公開される。ジョーカーがいかにして生まれたかを、人間ドラマ、犯罪サスペンスの様相を呈しながら描いていく。これまでのハリウッドが作るアクションシーン満載のアメコミ原作映画とは全く異質の作品だ。 「どんな時も笑顔で人々を楽しませなさい」という母の教えに従い、コメディアンを夢見る心優しいアーサー(フェニックスさん)。しかし、ピエロの扮装(ふんそう)で大道芸人をしながら母の面倒を見るアーサーは、決して満ち足りた生活を送れてはいなかった。そんな彼の唯一の楽しみは、カリスマ司会者マレー・フランクリン(ロバート・デ・ニーロさん)のトーク番組を見ること。いつかそこに自分もコメディアンとして呼ばれたいと願っていたが……。 ずしりと腹にくるほど重い。アーサーという一人の男の内面に迫ったこの映画。ゆがんだ格差社会に押し込められた弱者が、抑圧され続け、限界を超えるとどうなるかを描いている。その顛末(てんまつ)は衝撃だが、決して人ごとではない。アーサーは私たち自身でもある。奇抜な内容だがテーマは普遍的。芸術指向の作品を好むベネチア国際映画祭(第76回)で最高賞・金獅子賞に輝いたのもうなずける。 ジョーカーはこれまで、「バットマン」(1989年)や「ダークナイト」(2008年)、さらに「スーサイド・スクワッド」(2016年)にも登場していたが、今回、フェニックスさんが演じるジョーカーは、それらとは成り立ちも性格も異なる。しかし、アーサーが赤いスーツにピエロのメイクで振り返った時、その姿に、「ジョーカーの誕生だ!」と鳥肌が立った。(りんたいこ/フリーライター)

「下忍 赤い影」寛一郎&パトレン1号・結木滉星が忍者アクションで競演

寛一郎、“ルパパト”結木滉星と対決!?忍者アクション挑戦で華麗な身のこなし 映画「下忍 赤い影」予告映像公開
 俳優の寛一郎さん主演の映画「下忍 赤い影」(山口義高監督)が10月4日からシネマート新宿(東京都新宿区)ほかで公開される。武士による統治が終わろうとし、忍者が時代遅れとなっていた幕末を舞台に、忍者組織の最下層「下忍」の末裔(まつえい)の主人公が「鳥羽伏見の戦い」の裏での諜報戦に挑む。 下忍の末裔、竜(寛一郎さん)は「抜け忍」となり江戸で暮らしていた。ある日、竜はその出自を勝海舟(津田寛治さん)に見抜かれ、スカウトされて密命を授かる。それは、「江戸に嫁がせた薩摩藩の姫・静(山口まゆさん)を奪還して国に送り戻せ」というものだった……。 竜を追う琉球武術の使い手・尚役には、特撮ドラマ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(2018~19年、テレビ朝日系)の朝加圭一郎(パトレン1号)役が話題となった結木滉星さん。映画「キングダム」にも出演していたアクション俳優・監督の坂口拓さんがアクションを監修している。 「本格忍者アクション」と銘打たれた作品。自身が伊賀忍者の忍術と現代戦闘術をミックスさせるプロジェクトをプロデュースしている坂口さんの監修だけに、スピーディーで緻密なアクションを堪能できる。寛一郎さん演じる竜が刺客と戦う姿はストレートにカッコ良く、疾走感あふれる殺陣は息つく間もないほどだ。 それでいて、竜が時折のぞかせるアンニュイな表情が印象的。普段は日の目を見ない者たちのドラマも味わい深い。クライマックスで流れるワンカットのアクションシーンには驚嘆した。尚を主役とした前日譚(たん)の映画「下忍 青い影」(11月15日公開)も楽しみだ。(遠藤政樹/フリーライター)

注目タグ

動画ランキング

  1. 高橋文哉、主演ドラマ会見で異例の“途中退席”で騒然 初の一人二役は「5倍ぐらい疲れます」 ドラマ「伝説の頭 翔」会見

    再生回数 8470

  2. 173センチ、9頭身の“日本一のRQ”相沢菜々子、水の中でクラゲに!? 初写真集のこだわり

    再生回数 4069

  3. “JK最強”も話題の18歳美少女・南みゆか 初写真集、初ランジェリーに「ドキドキ」

    再生回数 3944

  4. 松下奈緒、セレブ妻役も庶民派の一面 “直売所マニア” 比嘉愛未「オープン待ちしてる」と暴露  ドラマ「スカイキャッスル」会見

    再生回数 2302

  5. 伊原六花×akane 「ミャクミャクぽん!」ダンス動画が公開

    再生回数 1521

動画トピックスランキング