映画まとめ3月20日公開 映画紹介&予告編 「一度死んでみた」「弥生、三月 君を愛した30年」「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」

「一度死んでみた」デスメタル女子・広瀬すずが、大嫌いな父・堤真一のピンチに立ち上がる!

広瀬すずが“反抗期こじらせ女子”に 「死んでくれ~!」とシャウト 映画「一度死んでみた」本予告が公開

 女優の広瀬すずさん主演の映画「一度死んでみた」(浜崎慎治監督)が、3月20日からTOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)ほかで公開される。広瀬さんが反抗期のデスメタル(死や猟奇趣味を題材にしたヘビーメタル)女子に扮(ふん)し、コメディー映画で新境地を開拓。堤真一さん演じる父親キャラも強烈なら、吉沢亮さん演じる存在感ゼロの秘書も別の意味で強烈。この3人が軸となり、大いに笑って、ほろりとさせられる物語が展開していく。

 売れないデスメタルバンドのボーカルを担当している女子大生の野畑七瀬(広瀬さん)は、製薬会社を経営する父・計(はかる=堤さん)が大嫌い。ライブで「一度死んでくれ~!」とシャウトすることで、その思いを発散していた。

 ところが、計が本当に死んでしまう。実は、計は会社が開発していた若返り薬を飲み、2日間だけ仮死状態に陥ったのだ。ライバル会社がこの騒動に便乗し、計を火葬してしまおうと企む。いくら大嫌いな父でも、死なれては困る。七瀬は、計の秘書・松岡(吉沢さん)と共に、計を生き返らせようと奔走(ほんそう)するが……。ほかに、リリー・フランキーさん、小澤征悦さん、嶋田久作さん、木村多江さん、松田翔太さんらが出演している。

 髪をピンクに染めた広瀬さんが、デスメタルバンドのボーカルよろしく、冒頭の会社面接シーンから、やたら語尾の「です」を強調して反抗的な態度をとったり、大嫌いな父に消臭スプレーを噴射したりとぶっちぎりの演技を見せる。そんな娘にちょっぴり寂しさを感じながらも、怒るでもなく温かく見守る研究オタクの計。演じる堤さんの奇人ぶりも見事なハマりよう。存在感がまるでないことから「ゴースト」の異名をとる松岡を、吉沢さんが飄々(ひょうひょう)と演じ、さらなる笑いをプラスしている。

 監督は、au「三太郎」シリーズなどを手掛けるCMディレクターの浜崎さん。脚本は、ソフトバンク「白戸家」シリーズなどで知られるCMプランナーでクリエーティブディレクターの澤本嘉光さん。さすが、短時間で人々の心をつかむことを必要とされるCMの制作者が顔をそろえただけあって、その手腕を発揮し、見る人を飽きさせない仕掛けを用意している。その一つがキャスティング。一流の俳優を、「えっ、ここにも。えっ、あそこにも」と、それこそ“無駄使い”と思われるほどぜいたくに登場させ、それだけでも、にやにや笑いが止まらない。

 死んだ父を生き返らせるために奮闘する娘が、大嫌いだった父の優しさや本心に気付いていく。物語の面白さはもとより、伏線の張り方や見せ方、落としどころまで、万事に抜かりがない。コメディーパワー全開だが、実際には家族愛をうたったヒューマン作だ。(りんたいこ/フリーライター)

「弥生、三月 君を愛した30年」波瑠、成田凌の30年にわたるラブストーリー 人気脚本家・遊川和彦の監督2作目

波瑠主演、30年の物語の全貌が明らかに 親友・杉咲花の存在も 「弥生、三月-君を愛した30年-」本予告が公開

 女優の波瑠さん、俳優の成田凌さん共演の映画「弥生、三月 君を愛した30年」(遊川和彦監督・脚本)が3月20日からTOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)ほかで公開される。ドラマ「家政婦のミタ」(2011年)や「同期のサクラ」(2019年)などの脚本で知られる遊川さんの、「恋妻家宮本」(2017年)に続く監督2作目。一組の男女の、高校生から50代までの30年にわたるラブストーリーが紡がれていく。

 3月1日の朝、通学バスに乗り遅れた高校生の結城弥生(波瑠さん)は、バスを追いかけて乗り込んだ。バスに乗っていたのは、同じクラスで親友のサクラ(杉咲花さん)と、隣のクラスの山田太郎(成田さん)。

 サクラは太郎が好きだったが、引っ込み思案の彼女は思いを伝えられないまま病気でこの世を去ってしまう。3月4日の卒業式。弥生と太郎は、「もし、40歳過ぎても独身だったら、俺が結婚してやるよ」という太郎の“告白”を別れの言葉に別々の道を歩き始める。そして月日が流れ……。ほかに、岡田健史さん、小澤征悦さん、黒木瞳さんらが出演する。

 なんて優しい物語だろう。遊川監督が脚本を手がけた最近のドラマは、社会風刺を盛り込みつつ、シビアな中にも笑いをちりばめ、独特の世界観を形作っていた。この作品は純粋なロマンス劇。互いに恋心を抱いていたのに、親友の手前、それを言い出せなかった男女の、30年にわたる思いがつづられていく。

 といっても、何気なく30年間を見せていくのではなく、3月4日の卒業式、3月5日の結婚式というように、3月(弥生)の特定の日にちだけを、しかも同じ日が重ならないように描いていく。遊川監督だからこそ考え出せた構成だろう。

 そして人生の厳しさ、生きることの難しさ、人を愛すること、思うことの素晴らしさを説いていく。見終えた時には心に温かい灯がともるはずだ。幕が下りるまで、どうか席を立たないでほしい。(りんたいこ/フリーライター)

「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」キュートでカッコいいハーレイ・クインの魅力全開 派手なアクションも

映画「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」US版本予告が公開 ハーレイ・クイン VS ブラックマスク “危険度MAX”アクションシーン

 米DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインが主人公の映画「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」(キャシー・ヤン監督)が3月20日からTOHOシネマズ日本橋(東京都中央区)ほかで公開される。悪のカリスマ、ジョーカーと破局した後のハーレイが、少女を守るため残忍な敵と戦う姿を描く。マーゴット・ロビーさん演じる“悪”だがチャーミングなハーレイの魅力が全開。ド派手でトリッキーなアクションも見どころだ。

 ジョーカーと別れ、全ての束縛から解き放たれたハーレイ・クイン。モラルのない天真らんまんな暴れぶりが街中の悪党たちの恨みを買う。

 謎のダイヤを盗んだ少女カサンドラ・ケイン(エラ・ジェイ・バスコさん)を守るため、ハーレイは悪を牛耳る残忍な敵ブラックマスク(ユアン・マクレガーさん)と全面対決することになる。悪対悪のカオスな戦いを前に、ハーレイは秘密の過去を持った殺し屋ハントレス(メアリー・エリザベス・ウィンステッドさん)、マフィアにとらわれた歌姫ブラック・キャナリー(ジャーニー・スモレット・ベルさん)、はぐれ刑事レニー・モントーヤ(ロージー・ペレスさん)らクセ者だらけの“最凶”チームを結成する。

 日本語吹き替え版ではハーレイの声を東條加那子さん、ブラックマスクを森川智之さん、カサンドラを花澤香菜さんが担当する。

 注目は、何と言ってもカッコ良く、それでいてキュートなハーレイだ。冒頭からいきなりド派手な爆発事件を起こすなど、天真らんまん、モラルゼロで暴れまくる姿は“悪”には違いないが、どこか憎めないところもあり、気付けばその行動に爽快さすら覚えてしまう。悪党たちに追われ、逃げ回りながらも、ブレずに能天気を貫く姿に大笑いし、信頼する周囲の人間とのコミュニケーションを取る姿に親しみを感じ……と、いつしかそのキャラクターにすっかり魅了されてしまった。

 クセ者同士が手を組んで巨悪に立ち向かうという、少年マンガ的展開も胸アツだ。派手なアクションも見どころで、並外れた身体能力と頭脳を持つハーレイがローラースケートで走り回り、トレードマークのハンマーを手に大暴れするバトルシーンはスリルとスピード感が抜群。仲間たちもそれぞれ個性豊かで、個人的には殺し屋ハントレスがクールでカッコ良く、魅力的だった。(河鰭悠太郎/フリーライター)

動画トピックス

一覧

注目タグ

動画ランキング

  1. アニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完」PV

    再生回数 277393

  2. 新垣結衣、大胆に美肌披露「見て」 美髪&とびきりの笑顔も

    再生回数 157219

  3. アニメ「フルーツバスケット」PV 由希、夾の透への思いが明らかに…

    再生回数 62946

  4. Official髭男dism、新曲「パラボラ」が「カルピスウォーター」CMソングに!長尺版のウェブCMも公開

    再生回数 28207

  5. 伊藤健太郎、29年ぶり「東京ラブストーリー」でカンチ役 「素直にうれしかった」 「東京ラブストーリー」制作発表会

    再生回数 18447

動画トピックスランキング

  1. 【動画まとめ】“まいんちゃん”福原遥 初写真集見どころ語る!初水着も披露 独占インタビューも

  2. 【動画まとめ】SKE48、初の水着CM公開 松井玲奈、松井珠理奈らがプールで“絶叫” メンバー登場の会見も

  3. 【動画まとめ】神田沙也加 「アナと雪の女王」生歌「生まれてはじめて」を熱唱! 「とびら開けて」も合唱 松たか子とのインタビューも掲載

  4. 【動画まとめ】コミケ87コスプレまとめ ラブライブ!の「南ことり」が好きすぎる! コマさん擬人化に「艦これ」が人気

  5. 映画まとめ1月10、11日公開 映画紹介&予告編 「カイジ ファイナルゲーム」「シライサン」「KING OF PRISM ALL STARS」