再生時間 09:52再生回数 5674

 女優の小松菜奈さんが3月17日、東京都内で行われた、坂口健太郎さんとダブル主演を務めた映画「余命10年」(藤井道人監督)の大ヒット御礼舞台あいさつに登場した。これまでの舞台あいさつでたびたび涙を見せていた小松さんは「舞台あいさつでは感極まって泣いてしまうことが多かったんですけど」と照れ笑いを浮かべつつ、「本当にそれぐらい魂を込めてみんなで作って、(演じた)茉莉として、全身で表現して生き抜いていきました。かけがいのない1年間だったな、と……人生の財産になる作品だった」と感慨深い表情で作品への思いを語った。

 舞台あいさつには坂口さんと、主題歌「うるうびと」を担当したロックバンド「RADWIMPS」の野田洋次郎さんも登場。野田さんがステージ上に用意されたピアノで同曲を生演奏した。生で聞くのは初めてという小松さんは、「言葉で言い表せないというか、超ぜいたくな時間だなとかみしめちゃいました。感情をやさしくえぐってくる感じというか……。こんなすばらしい曲でこの映画に命を吹き込んでくれて、本当にありがとうございます」と感激。坂口さんも「胸いっぱいになっちゃうというか……」と言葉にならない様子で語っていた。

 同曲について小松さんは「初めて聞かせてもらったのが、まだ撮影前。RADWIMPSさんが主題歌を歌ってくださると聞いて、『1000%、いいに違いない』とリアルに“頭を抱えた”」と当時を振り返り、「聞いてもやっぱり“頭を抱えて”……。本当にすばらしいなと思いました。(撮影前で)未知の世界だったけど、曲のおかげで扉が開いた。この音楽を超えるものを作っていかないと負けてしまうと思い、目指す場所があった。曲に助けられたことが日々ありました」としみじみ語っていた。

 映画は、2017年に刊行された小坂流加さんの同名小説が原作のラブストーリー。20歳で不治の病にかかり、もう恋はしないと心に決めた余命10年の茉莉(小松さん)と、生きることに迷い、自分の居場所を見失った和人(坂口さん)が同窓会で再会。2人は惹(ひ)かれあい、ありふれた毎日が輝き出す。思い出の数だけ時間は失われ、彼らが最後に選んだ道とは……という物語。

最新動画

一覧

注目タグ

動画ランキング

  1. 永野芽郁、美脚すらりのフリンジワンピコーデ ビーズ刺しゅうで華やかに 映画「からかい上手の高木さん」完成披露舞台あいさつ

    再生回数 8943

  2. 山本舞香、自身の好きなパーツは“鎖骨” 「きれいですねと言われることが多い」

    再生回数 6691

  3. 【あぶない刑事】浅野温子、まさかのネタバレ?「台本にないのに…」仲村トオルと映画「帰ってきたあぶない刑事」イベントに登場

    再生回数 3988

  4. 平野紫耀、2024年の望みベスト3発表 第1位はコンサートツアー「ファンに早く会いに行きたい」

    再生回数 3775

  5. 話題の“有村架純似”美女・小日向ゆか、最新写真集で人生初の手ブラ 「マックスセクシーです」

    再生回数 3652

動画トピックスランキング