再生時間 06:55再生回数 9992

 俳優の本郷奏多さんが主演を務める連続ドラマ「あおざくら 防衛大学校物語」が10月31日、MBSの深夜ドラマ枠「ドラマ特区」(木曜深夜0時59分)で放送される。マンガ誌「週刊少年サンデー」(小学館)で連載中の二階堂ヒカルさんのマンガが原作。入学金と学費が免除され、毎月手当が出るという防衛大学校を舞台に、本郷さん演じる主人公の近藤勇美が、さまざまな目標を持つ仲間と共に、時に苦しみ、時に喜び、成長していく青春物語だ。原作を読んで「面白いな。やってみたい」と思ったものの、撮影の大変さも感じたという本郷さんに、作品の魅力を聞いた。

 演じる近藤は「勉強が大好きでお金が大好きで、仲間思いで、そういうマンガの主人公っぽくはない性格なのかもしれない」と説明する。だが「自分とは似ているところが多かったので、なかなかシンパシーを感じる」という本郷さん。「(演じる近藤は)『目に輝きがない』って先輩に言われるんですよ。そこも完全に僕と一致している」と笑い、「黒髪のビジュアルも(同じで)、すっと入れるキャラクターでした」と役柄に愛着を感じている。「『勉強していると癒やされるだろ』って言ったり、徹底的にいろんなものを調べ上げたり、ぱっと見、普通の真面目な男の子なんですが、主人公っぽくない、結構変なやつ。楽しんで見ていただけたら」とキャラクターの魅力を語った。

 舞台となる防衛大学校は、将来の幹部自衛官を育成する学校で、近藤たちは学生でありつつ、国家公務員でもあるという特殊な身分となる。本郷さんは「学生たちは自分たちに誇りを持っている。学生なんだけれど、しっかりと国のために働いているという意識をみんな持っている場所」だといい、「もっと早く知ってたら自分も入ってみたかった」と語る。

 ドラマには、結木滉星さんが近藤と同じ1年生で、寮生活でも同室の原田忠役、小澤廉さんが沖田蒼司役、小園凌央さんが武井寅明役で出演するほか、舞台で活躍する高崎翔太さん、伊阪達也さん、狩野健斗さんも出演。厳しい学生生活がリアルに描かれ、「大変だった。体育会系の上下関係のある学生なので、ちょっと間違えると腕立てとかスクワットとか(やらなければいけない)。実際にドラマの中でもそういうシーンがたくさんあった。体力的にも大変な撮影でした」と振り返る。

 現場で印象に残ったことは、「とにかく本当に毎日運動か、ご飯をいっぱい食べるというシーンが多かった。もう30歳近いんですけれど……」と苦笑い。「『ああ、若いな』と、思いながら、楽しかったです。毎日筋肉痛とかひどかったですけれどね」と青春を満喫した様子。最後に「若い男の子たちがいっぱい出て、エネルギーのある元気の出る作品だと思います。ぜひ、楽しんでみていただけたらうれしいです」とメッセージを送った。

最新動画

一覧

注目タグ

動画ランキング

  1. 木村拓哉&工藤静香の長女・Cocomi、モノトーンドレスで「ミス ディオール展覧会」に来場

    再生回数 143093

  2. 永野芽郁、佐藤健と朝ドラ以来の再会 白塗り姿に「笑いが止まらなく大変」 実写版「はたらく細胞」でダブル主演

    再生回数 10950

  3. 市川染五郎、きれいめコーデでキリリ 「ミス ディオール展覧会」に来場

    再生回数 7167

  4. 香取慎吾、個性派ジャケットで「カルティエ」イベント来場 「タンク」描いた絵が展示され「うれしい」

    再生回数 7721

  5. 有村架純、ミニワンピで美脚を披露 編み上げブーツでカジュアルダウン 「ミス ディオール展覧会」来場

    再生回数 3937

動画トピックスランキング